りんこみち

シニアパグ犬と40代兼業主婦のブログ

犬を新大阪駅から新幹線に乗る前に歩かせたい!休みたい人必見

f:id:rinkomichi:20210926092030j:plain

 

新幹線を愛犬と共に移動する機会のある人は、長時間キャリーケースに入れなくてはならないから心配。狭いところで大丈夫かな?トイレは長時間大丈夫かな?悩みは尽きないもの。私は以前新幹線を利用することが多かったので、パグや私自身の負担にならないように工夫して乗っていた。もちろん、まわりの乗客が不快にならないように気も使ってきた。そんな私の新大阪駅発、新幹線利用の体験記をご紹介。参考程度に読んでいってね。

 

こんな人の参考になります
  • 新大阪駅で新幹線に乗る前に愛犬を歩かせたい人
  • 新大阪駅周辺でペットと一緒に入れるカフェを探している人
  • パグ犬におすすめのキャリーケースを探している人

舗装道路のアスファルトではないところを少し歩かせたい

長時間の移動の前に愛犬のトイレを済ませておきたい。ただ新大阪駅周辺はビル群でもあり、舗装された道がほとんど。人も多くが行き交っている。人の目も気になるし、できれば土の上を歩かせたいと思う人も多いだろうと思う。そんな人におすすめなのはズバリJRの東改札口からすぐの「JR新大阪東口」。

 

f:id:rinkomichi:20210926091937j:plain

 

改札口を出て、改札口を背に左に歩くとすぐ出れる。

 

f:id:rinkomichi:20210926091939j:plain

 

いい感じにさびれている。

 

f:id:rinkomichi:20210926091942j:plain

東口がオススメの理由

・少しさびれていて、人が少ない

・舗装されていない土部分や、草木がある

・人間も木陰で座れるところがある

という点。なかなか他の出口でここまで条件の揃っている出口がない。

そしてJR東口の改札口を出て、東口の出口に歩き始めるとすぐに、ロッカーもあるので、荷物と共に移動するのは大変な人は利用できる。

犬と一緒に一息つきたい。食事もスイーツも美味しいカフェ

新大阪駅構内にいっぱい飲食店はあるのに、ペット可はない。新幹線に乗る前に何か食べておきたい、という人は駅前ではないけれど、出口を出たら10分以内には到着できるカフェ「vegecafe+α (ベジカフェプラスアルファー)」をご紹介。

 

 

大阪の主要な大きな駅あるあるで、「ギリギリまで駅構内にいる」というのがある。梅田駅や難波駅はもちろんだが、新大阪駅もなかなか大きな駅だ。とりあえず、どこかの適当な出口から駅を出よう、と考えたら、もう迷宮入り間違いなし。

 

 

「ただあちら側に渡りたいだけなのに、渡れない」ということが出てくるし、大きな建物を迂回したら、「ここはどこ?」となりかねない。

 

 

4番出口を目指そう!(6番出口でもOK)だいたい同じ場所に出られる。

 

f:id:rinkomichi:20210926091945j:plain

 

f:id:rinkomichi:20210926091947j:plain

 

新幹線乗り場(中央口)の改札口を背に、右にいきエスカレーターで「新なにわ大食堂(御堂筋線の方向)」方面に向かう。ちなみに「新なにわ大食堂」は安くて美味しいごはんが食べられる。フードコートのようなイメージで、ちいさなお店がひしめきあっている。

 

f:id:rinkomichi:20210926091949j:plain

 

新なにわ大食堂を通り過ぎたら、もうあと少し。左手に4番出口がある。

 

f:id:rinkomichi:20210926091953j:plain

 

4番出口の右手のエスカレーターで登りきると右手に大きな道が。

 

f:id:rinkomichi:20210926091955j:plain

 

 

車の進行方向とは逆の右へ歩いていく。さてここからお店まで約10分弱くらいかな。新大阪駅が広いから、なんだかもっと遠く感じてしまうから、荷物がある人はロッカーに預けて移動した方がいい。新幹線の中央口周辺には何個かロッカーがある。

 

 

さてここからはひたすら直進。橋を渡って、階段を降りて、ひたすら進む。

 

f:id:rinkomichi:20210926092000j:plain

 

f:id:rinkomichi:20210926092003j:plain

 

5分ほど歩いたら、印象的な外観の「ホテルマイステイズ」が見えてくる。

 

f:id:rinkomichi:20210926092005j:plain

 

ホテルを通り過ぎて、まもなくの小さな交差点を右折。

交差点の角に下のような写真の建物があるから目印に。

 

f:id:rinkomichi:20210926092008j:plain

 

右折したら、もうカフェまで曲がるところがないので、ひたすら歩くだけ。

4番出口を出て道に出てから、曲がるのは1回だけ。これが他の出口から出ていたら、悲劇。10分どころか、一度駅に戻った方が早い?と思ってしまうくらい行きづらいしわかりづらい。

 

f:id:rinkomichi:20210926092011j:plain

 

2つ目の交差点の先の左手見えました。

 

f:id:rinkomichi:20210926092014j:plain

 

かわいいお店のロゴ。

 

f:id:rinkomichi:20210926092016j:plain

 

お店入り口の横にあるテラス席のみがペット可。2席しかないので、予約がおすすめ。

 

f:id:rinkomichi:20210926092025j:plain

 

この日はジェラートを食べた。店名のとおり、野菜をメインにした料理やカレーがおすすめのようです。

ランチは1500円前後で食べられるのでぜひどうぞ。

 

パグ座り対策?人も楽々安心。パグ犬も快適キャリーケース

ところで、犬がいる人はキャリーケースを1つは持っていると思うけど、どんなタイプを使っていますか?私はこれまで数々のタイプを使ってきた。

 

・バックタイプで片方の肩にかけるのは肩への負担が半端なくすぐにいたくなる。

・キャスターの付いているものは犬への振動が気になる。

・カートタイプは楽だが公共の乗り物に乗りにくい。

 

いろいろなタイプの長所ももちろんあるけど、短所になかなかしっくりこず、いろいろ購入した結果これにいきついた。

mont-bellのドギーキャリングパック。これが非常に優秀。

 

f:id:rinkomichi:20210926092027j:plain

 

おすすめしたい点

・サイドと上部がメッシュになっていて通気性が良いのと視認性があるので安心。ただ電車やバスに乗るときはメッシュだとダメなケースがあるので、薄い布をふわっとかけて目隠ししています。

・トイレシートや水なんかをいれるポケットがついていて、いろいろ入る

 

 

そして最大に気に入っている点は、通称「パグ座り」をしてもOKなくらい、リュックに高さがある。なので、「フセ」の状態も「パグ座り」の状態にもなれるから、リュック内でパグ犬が姿勢を変えれるのがいい。

今の最新モデルはメッシュじゃないみたい。残念ですが。

【まとめ】長時間移動は人にもパグ犬にも快適でありたいから

犬と長距離で移動するのは人にとっても犬にとってもストレスのかかるもの。そして何より、新幹線やバスとなると、まわりの視線も気になる。世の中、犬好きな人ばかりではないから。私はいつも新幹線利用時は指定席をとるのだが、3列シートの窓際をとるようにしている。

 

 

真ん中の席に人が乗る可能性が少ないし、通路側だと人の気配で吠える可能性があるからだ。いくら犬OKで乗っているとはいえ、もし自分の席のまわりの誰かが少しでも嫌な顔(気配)を感じたら、席を立って通路などで過ごすようにしている。私の大好きなパグ犬が誰かの「不快のモト」なのを目の当たりにするのは悲しいからだ。

 

 

意外と盲点となるのが新幹線の足元は空調がかなりきついということ。

 

 

冬に乗って足元にキャリーケースを置いて移動すれば間違いなく犬にとっては暑いはず。私は冬は数分に1度バックの中に手を入れて、熱気がこもって暑くなっていないかチェックを欠かさない。気をつけてほしい。