りんこみち

シニアパグ犬と40代兼業主婦のブログ

ネガティブな印象?老犬ホームってどういう時に利用検討するの

f:id:rinkomichi:20210926081723j:plain

 

私が「老犬ホーム」の存在を知ったのは最近の話。そもそもうちのパグ犬を「ペットホテル」に預けたことがあるのは1度だけ。しかもいつも通っている動物病院だった。通常連れていけない場合は、身内に預けていた。親も高齢になり、頼るには申し訳なく、だからといってペットホテルに預けるとなると、高齢になったパグ犬に負荷が心配。また高齢犬を受け入れてくれないホテルもある。調べていくうちに「老犬ホーム」の存在を知り、どんな場所なのか見学にいってきた。

 

こんな人の参考になります
  • 老犬ホームってどういうところか知りたい人
  • 愛犬を介護していて、相談したり手助けしてほしい人
  • 老犬が家にいて、時々家を空けなきゃならない人

今回、ネットで見て興味をもった2つの施設、最寄りが放出駅にある「老犬介護ホーム メロー」と寝屋川にある「わんデイサービスラブ」に見学に行って来た。どちらの施設にも共通して思ったことは、「本当に犬が好きなんだな」ってこと。参考程度に読んでいってね。

老犬ホームってどんなところ?どんな人が利用しているの?

老犬ホームは、ほとんどずっとホームに住んでいる犬、週に何度か通っている犬、1日だけきている犬と人間の施設の犬ヴァージョンといった感じを想像するのが一番的確かも。実際私が見学した2つの施設も、色々な犬種がロングステイからショートステイまでしていた。

 

「老犬ホーム」をよく知らない人は「介護しきれなくなったから預けているんじゃないか?かわいそう」とイメージするかもしれないが、それは大きな間違いだと言いたい。そもそも利用するとなると、経済的負担がかなりかかるのも事実。その負担をかけても、高齢になった犬に快適に過ごしてもらおうと「老犬ホーム」を選択される人はそれだけ愛情も深いということではないだろうか。

 

2つの施設で共通して言っておられた言葉で印象に残っているのは「飼い主の負担を減らしつつ、愛犬にも快適に過ごしてほしい」という想いのこもった言葉だ。それだけ疲弊した飼い主の姿も数多く見てきたのだろうと想像した。

・冠婚葬祭などで急に家を空けなきゃならない

・仕事で家を空けている時間帯だけ面倒を見てほしい

・介護が必要で長期で預かってほしい

・毎日の介護が大変だから週に2回3回助けてほしい

という人はぜひ見学に行ったり、相談してみたら犬にとっても、人間にとってもいいことなんじゃないかなと思う。犬にとっても、大好きな家族が辛そうにしていたり、しんどうそうにしていたりすると悲しむだろうから。

【放出駅】広くて清潔な空間が広がる「老犬介護ホーム メロー」

最寄りの駅はJR放出駅か鴫野駅。どちらからも15分ほどで到着する。今回は放出駅からの道順をご紹介。

 

放出北口から駅を背にして左の道をひたすら歩く。途中歩道がなかったり、基本はアスファルトの道なので、わんこ同伴はかなりきついから、わんこ同伴の場合は駅から送迎を依頼できるか相談してみて。(もしくはタクシー)

 

10分弱くらいひたすら直進したら

 

f:id:rinkomichi:20210926081726j:plain

 

青い建物の小さな交差点を右折。あとは5分ほど歩いたら下の交差点をちらっと左をみたらもう見えます。

 

f:id:rinkomichi:20210926081728j:plain

 

駅から2回しか曲がるところがないので迷うことはないんだけど、徒歩15分は結構きつい。ただ駅からバスもないから、わんこ連れは歩けないと思っていた方が間違いないかも。

 

ご夫婦で経営されていて、奥様に話を伺ったけど、明るくて優しそうな方だった。散歩は1日に2回、足の悪い子もバギーに乗せて気分転換に外に連れ出すという。基本、預かりはケージではなく、広い部屋にみんなでいる感じ。

 

24時間常駐していて、夜は見守りカメラで状況を確認するということだった。

 

そして何より預けているご家族も犬が心配でしょう、とLINEでつながれば、1日数回は犬の様子を送ってくれるということ。これはありがたいサービスだなと思った。わんこたちが快適にスヤスヤ寝ている姿が印象的だった。自身の愛犬を介護した経験が施設を作るきっかけというのが納得の、わんこにとって快適空間だなと感じた。

料金

  • 一時預かり

小・中型犬・・・3,500円(税別)

大型犬・・・・・4,500円(税別)

  • 1日

小・中型犬・・・7,000円(税別)

大型犬・・・・・9,000円(税別)

  • 1ヶ月

小・中型犬・・・90,000円(税別)

大型犬・・・・・120,000円(税別)

※長期預かりは治療予備費として5万円必要

※介護度に応じて別途料金が必要

(2021年9月現在。変更の場合がありますので詳細は要問い合わせ)

老犬介護ホーム メロー施設情報

536-0011 大阪府大阪市城東区放出西2-4-13

【受付時間】7:0019:00(年中無休)

【寝屋川駅】親戚の家に預けるような安心感「わんデイサービスラブ」

最寄りの駅は京阪寝屋川駅。駅前からバスもでているけど、1時間に1本という、利用するに利用できないような感じだ。なのでこちらも駅から歩く道順をご紹介。20分くらいはかかってしまうかも。電車&バスではなく、車が現実的な距離感。駅の目の前の商店街の中を直進し、商店街はすぐに終わってしまうけど、そのままひたすら直進。

 

f:id:rinkomichi:20210926081736j:plain

 

このまま本当に直進していても大丈夫かなと不安になり始めた頃、大きな道とぶつかる交差点「対馬江東町南」を左折。

 

f:id:rinkomichi:20210926081738j:plain

 

交差点を曲がれば左手に学校が見え、学校の切れ目で到着。

 

こちらも迷う余地のない、曲がるのは駅から1回だけ。ひとりで歩いているとかなり不安になる距離。こちらもわんこ連れでは歩けないと思っていて間違いなし。

 

普通の一軒家なので、ここで大丈夫かな?とウロウロしていたら、家の横にが小さなドッグランがあったので、ホッとしてチャイムを押しました。雰囲気はまさに「実家に預ける雰囲気」そのもの。対応していただいた人もとても気さくで、犬以外のことも相談してしまいそうな、心のおおらかさを感じた。

 

こちらもケージ預かりではなく、部屋の中でわんこたちがいました。部屋の広さとしては8畳くらいかな?あまり広いスペースではなかったので、多くは預かれなさそう。少ないからこそできる、細やかな対応をしているみたい。

 

実際、飼い主に普段1日どのように過ごすのかタイムスケジュールを記入してもらって、なるべく普段に合わせた散歩回数やごはん時間を心がけているそうだ。

 

印象に残ったのは、どの犬種も大型犬も小型犬も一律料金だということ。これはなかなかないんじゃないかな。「どの犬も労力と愛情は同じだから料金も同じ」と笑っておられました。

 

もちろん24時間常駐で、時間帯や距離によってはわんこの送り迎えも別料金でお願いできるから頼もしい。(料金や詳細は要問い合わせ)

料金

  • 1泊2日・・・5,500円
  • 1週間・・・30,800円

一週間目以降は1日に付き4,400円追加

  • 1ヶ月・・・66,000円

保証金50,000円、医療費別途。

(2021年9月現在。変更の場合がありますので詳細は要問い合わせ)

老犬ホームわんデイサービス ラブ施設情報

大阪府寝屋川市高柳4丁目16-34 老犬ホーム わんデイサービス ラブ

【受付時間】24時間365日いつでもお問合せOK。年末年始も対応。

【まとめ】見学&一時預かりで犬同士、人間同士相性確認したい

まずは長期短期に関わらず、一度見学。何かあったら預けてみようとおもったら、「何か」はいつでも急にくるので、気持ち的にも時間的にも余裕があるときに一度預けて見るのが安心かもしれない。スタッフの人に自分のわんこの特徴やクセをわかってもらえるというのもあるし、もし自分の愛犬がなじめない空間だとわかれば、別の策を探さないといけないからだ。

 

実際私は、まだ預ける予定は決まっていないが、今回見学したことで、心配事が減った気持ちになっている。

 

準備はしすぎて、困ることがない。歳を重ねた犬にとって環境の変化は負担の大きなものだから、最善を探してあげようとまた気持ちがしゃっきとした。